Latest Entries

KLC:採卵→空胞で卵子得られず(月経13日目、2017/5/20)

なんと、、、採卵できなかった。

手術が終わるまでは順調だった。指定された時間に点鼻薬、座薬もすませ、手術でもしっかり針を刺される少しの痛みを感じ「1リンス〜」と言われた。なのに採卵できなかったと告げられた。

手術が終わってすぐ、ダンナさんに「1個とれた」とメッセージを送っていたので、あわてて「ごめん、やっぱりとれなかった、詳しい話は問診できける」と送り直した。悲しくて悲しくて、安静時間の間ずっと涙がとまらなかった。一回目の妊娠判定日でダメだったときもつらかったけど、のどの奥をぐっと噛み締めてがまんできた。でも今回は堪えることができなかった。

手術室フロアまで移動して待っててくれたダンナさんに、努めて冷静に「ごめんね、とれなくて」と言おうと思ってたけれど、顔を見たとたん涙がぼろぼろこぼれてしまった。とんとんと背中を叩いてくれたけど、感情をとめることができなかった。

先生の問診で教えてもらったのは、卵胞が採れても卵子が入っていないことを「空胞(くうほう)」といい、私の年齢(39歳)の場合統計的に2割程度発生すること、気をつけることや改善法は見つかっていないので仕方ないと思うしかない、また次がんばりましょう、とのことだった。今周期、下痢していて具合が悪かったことも伝えたが、逆に言えばそういった他の臓器の不調も空胞とは関係がないそうだ。

ショックでショックで、、、ダンナさんが手をつないでくれようとしたけれど、もうそれすら申し訳なくて手をつなげず、どうしていいのかわからなかった。次がんばればいいとアタマではわかっていても、また中身カラッポだったらどうしよう、もうずっと中身がない卵胞しかなかったらどうしようと、恐怖に近い気持ちが襲ってくる。受精卵すらつくれないじゃないか。

悪夢のような宣告(などと言ったら、もっと長く不妊治療を続けていらっしゃる方に申し訳ないけれど、でも率直な気持ち)から一日経って、このブログを書けるくらいに立ち直ってきたけれど、つくづく、しんどいものだ。


以下、今回の結果。
------------------------
<採卵結果>
 0個(空胞

<精液採取結果>
 採精せず

<処方された薬>
 フロモックス:1日3回 * 2日分
  ※効能:感染症予防の抗生物質
 ソフィアA:1日1回*12日分
  ※効能:月経周期を元に戻す

<会計>
 保険診療分:    0円
 自費診療分:28,842円(卵子が得られない場合のKLC費用、薬代、)
------------------------

こうしてあっけなく、2回目のチャレンジが終わってしまいました。。。


KLC:月経11日目診察(採卵可否/スケジュール決定、2017/5/18)

1回目同様、クロミッド服用を続け、ホルモン値と卵胞の状態をみる診察の日がやってきた。幸か不幸か2回目なので、勝手がわかり新鮮さはなく、どちらかというと「下痢治まってよかった・・・」という気持ちが強かった。(採卵となると座薬を入れないといけないので^^;)

17:00ごろKLCに到着し、採血→内診→問診まで40分程度。とても空いていた。先生によると、右側に1個、ちょうどいい卵が無事育っており、翌々日の採卵が決まった。また土曜日にあたったので、ダンナさんも来院できる。ラッキー♪

------------------------------------------------------
<血液検査結果(D11)>
 E2(卵胞ホルモン):265(前回:349)
 LH(黄体形成ホルモン):5.6(前回:7.3)
 P4(黄体ホルモン):0.1(前回0.1)

※前回は FSH(卵胞刺激ホルモン)も計測していましたが、今回はナシ

<処方された薬>
 スプレキュア:5/18 24:00に左→右→左(または右→左→右)で計3回プッシュ。3月にいただいた分の残りを使用
  ※効能:卵胞を発育を促し、同時にLHサージ(排卵を促す)を起こす
 ボルタレン座薬:5/19 18:00および24:00に投薬
  ※効能:排卵をおさえる(元々は痛み止めの座薬だが、排卵抑制に効果があることがわかりKLCでは採卵前に排卵してしまうことを防ぐために使用しているとのこと
 クロミッドの服用は中止

<会計>
  保険診療分:   0円
  自費診療分: 0円
  >>合計:0円
------------------------------------------------------

で、今日はアルバイトもお休みなので、即効性のありそうな精子によい食べもの三昧の献立に取りかかり中。卵子によい食べものというと、大豆やらほうれん草やら納豆やらブロッコリーやら、普段から食べている地味なもの(失礼!)が多いのだが、精子によいものというと牡蠣や赤身の牛肉筆頭に、テンションあがるもの多し(ついでにお財布に優しくないものばかり)!私もご相伴に預かるとして、今夜は豪勢にいくとしましょ


腹痛と下痢に襲われる

クロミッド葉酸サプリを飲み始めて4日目の夜から腹痛が出てきた。ちょうどダンナさんの実家にお正月以来の帰省をして少々食べ過ぎた気はしていたので、寝たら治るだろうと思っていた。

しかし翌日になっても治らず、翌々日の午後から下痢までやってきた。しかも水バージョンっ!

近所の内科に行き、不妊治療中でクロミッドを服用していることを伝えた上で、整腸剤を処方してもらった。食事は、朝R-1、昼うどん、夜おからパンにしたのだが、夜4−5回トイレに起きる始末・・・まる2日下痢治らず、3日目になってようやく治まった。

これって葉酸サプリ関係あるんですかね?私、サプリを飲んだことなかったので刺激が強かったとか、、、?よくわからないけど、一度に四錠飲んでいたものを、四回に分けて一錠ずつ飲んでみることにした。

栄養足りてないと思うけど、卵はちゃんと育ってくれてるのだろうか。。。早いもので、明日が診察日。


葉酸サプリ、はじめました

2回目のチャレンジから新たに始めたことは、葉酸サプリ。

妊活にはもはや常識と言ってもいいくらいの葉酸サプリだが、私はずっと飲んでこなかった。というより、サプリ自体を一度も飲んだことがなかったのだ。私の母が冷凍食品やレトルト、できあいのお惣菜などを極力食卓に並べてこなかったことが影響していると思うが、人工物(しかも薬っぽいもの)から栄養を取るということに違和感がある(いまでも)。

でも妊娠に向けてあと私ができることって何?!と考えた時、真っ先に思いついたのが葉酸サプリだった。一回目が着床しなかったとわかった問診で、KLCの先生からも「葉酸サプリはお薦めしています」と言われたのも背中を押してくれた。

さて、サプリってどこで売ってるのか?まずはネットで調べてみた。先生からは注意点として「ヒアルロン酸などの美容成分が混ざっているとホルモン値に影響することがあるので、できるだけ葉酸だけのものにしてください。あってもビタミンくらいだったら大丈夫かと思います」と助言いただいていたが、こういうサイトを見てみると、だいたい美容成分って入ってるんですね。。。そりゃ同じお金払うんだったら、いい成分がたくさん入ってた方がいいって思うよなぁ。

で、サプリ慣れしていない私がネット検索しても、イマイチどれがいいのか選びきれず、KLCから程近い伊勢丹新宿内にあるサプリ専門店に行ってみることにした。ここは天然由来にこだわったサプリの専門店とのこと。一見よさそうなのだが、私が調べた限りでは天然由来葉酸だと食物から摂取する時同様、含有量の半分しか吸収されないため、葉酸に限って言えばあまりよくないのだ。食物に入っている葉酸を吸収しやすいように合成した、厚生省推奨「モノグルタミン酸型葉酸」のサプリを探しているのだ。

残念ながらこのお店では置いていなかったが、伊勢丹コンシェルジュに伺ってみたら別フロアでモノグルタミン酸型葉酸のサプリがあるとのことで急いで行ってみた。あったのはAFC mitete葉酸サプリ。葉酸のみ、ではなかったけれど美容成分は入っておらず、カルシウム、鉄くらいだったので、これで始めてみることにした。

こうして、人生初のサプリ生活が始まった。とにかく採卵までに少しでも効果があることを願うのみだ。


KLC:月経3日目診察(2017/5/10)

2回目のチャレンジが始まった。月経3日目、ホルモン計測。今回も問題なかったので、採卵に向けて準備が始められるとのことだった。処方された薬も前回と一緒。

------------------------------------------------------
<血液検査結果(D3)>
 E2(卵胞ホルモン):35(前回D3=32)
 FSH(卵胞刺激ホルモン):10.0(前回D3=12.0)

 ※前回の月経3日目では、LH(黄体形成ホルモン)β-HCG(妊娠時に分泌されるホルモン)も計測。今回は計測せず。

<処方された薬>
 クロミッド:毎晩夕食後に1錠服用
 ※効能:卵胞を大きく育てるためのFSHの分泌を増やす

<会計>
  保険診療分:0円
  自費診療分:0円
  >>合計:0円
------------------------------------------------------

採卵可否まであと10日。今回も健やかに、穏やかに過ごそうと思う。そして今回は、もうひとつチャレンジしてみることにした。それはまた次に。


 

Appendix

プロフィール

autumn.hill

Author:autumn.hill
77年生まれ結婚2年目。初婚。仕事ばかりしてきて晩婚→妊活のため休業中。やってみてダメだったら考えるタイプ。携帯がないと家に帰ると、肩にかけたかばんの中から出てきたりする。東京出身。

◎ダンナさん
63年生まれ。結婚二度目、働いている娘が2人。やる前にしっかり検討・準備するタイプ。かばんの中には晴れの日も折りたたみ傘。大阪出身、東京の会社で営業の仕事をしています。

◎私の仕事
人が楽しんだり喜んだりする仕事をしたいという想いで外資系エンタメ企業に在籍。震災を機に日本人として日本のために働きたいという想いを強くし、日本の文化芸術の現場で奔走するコーディネーターに転身。妊活後もこの世界で食べていきたいが果たして仕事があるかどうか一抹の不安。

◎好きなこと
・日本文化・芸術の実践として、自分でも書道を始め早8年。なんてカッコいい文字だろうと感銘を受けた、ドラマ「SPEC」の書の監修の先生に師事。

・旅行、海外も国内も。ダンナさんは私より旅行好き。最近行って感動したのは、沖縄の青の洞窟。

・からだを動かすこと(ジョギング&毎日1万歩目標)、家でダラダラとテレビの録画を見ることも好き。2年前までテニスを習っていたが肉離れをしてからすっかり怖じ気づいてやっていない。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

QRコード

QR